当院の施術 | 富士宮市で肩こり・腰痛にお悩みの方は【東洋医学双極療院】にお任せください。

当院の施術

  • HOME
  • >
  • 当院の施術

施術について

体に負担をかけない体の為の施術

  • 私達が騒がしかったらゴメンなさい

当院では施術前に問診、症状、状態等を確認させて頂き、施術しても改善が難しいと判断した場合、施術は行いません。
また、骨をボキボキしたり、体をひねったり引っ張ったり、体に無理を与える痛かったり怖い施術はいたしません。神経経路(ツボ)を心地良く緩和して痛みと人体の機能を健康な状態に戻します。
「病院や治療院で診てもらっても治らない」「原因が分からない」又、原因・病名は分かっているがよくならない症状や痛みがある方、もうダメだと諦めてしまっている方、手術を勧められているが迷っている方などお悩みの方々、ダメ元の思いで、一度、双極療術を体験してみてはどうでしょうか?
当院で改めて試してみる価値はあると思います。
お悩みがございましたらぜひ当院までご相談ください。

※当日予約も可能ですが、忙しい時はその日に施術できない場合があります。
お早めのご予約をお願いいたします。
無理に何回も通わす勧誘や健康器具や健康食品などを売り付けたりする様な事は一切致しません。

双極療術について

双極療術

活殺ツボ
人体の最大の急所である活殺ツボとは、従来の日本の鍼灸、指圧、マッサージなどで使われているツボとは位置や名前も異なります。活殺経路は、今日、東洋医学で普通に使われているツボより効果も高く、即効性もあり、逆に強い衝撃を与えたり器具などで強く圧を加えると、機能が破壊されたり支障が出ることもある程危険です。その反面、適度な圧を加える事により、体の組織を回復させる行者拳の達人だけに伝えられて来たツボです。
活殺
このツボを心地良い位の圧や刺激を加えると、体内に支障出ている機能が回復したり、痛みが引いたりする自然治癒力が増し、体を健康に戻す術です。数千年を経て中国で行者が医者も薬もない山ごもりの修行中に、病や体の不調にいたった時に、己で自分の体を治すために生み出された伝統医術です。
殺法
中国拳法、行者拳を使う行者が敵を倒す時の術です。人体の急所である活殺ツボは、突き蹴り武器などを使い、ツボに強く衝撃をあたえるとその人体の機能を失ったり、神経を破壊してしまうなど一撃必殺で相手を倒す術になります。
(行者は1人で山ごもりをして修行するので、山賊などに襲われ一人対多数との闘いで効果的な闘い方を修得したと言われています。)

※この様に活と殺、生と死、再生と破壊の相異なる双方の性質を持つ事から双極術と呼ばれています。
又、中国医術で二大高度の活殺経路と麻酔針で用いる麻酔ツボ、この双方の神経ツボを使用する事からも双極医術と呼ばれるとも言われています。

メールでのお問い合わせはこちらをクリック

Information

東洋医学双極(そうきょく)療院
〒418-0001
静岡県富士宮市万野原新田3041-35

肩こり・腰痛でお悩みの際は富士宮の整体【東洋医学双極療院】にお任せください。熟練の整体師が皆様の健康を真摯にサポートいたします。
出張施術にも対応しておりますので、外出のお時間が難しい方やお身体の不自由な方もお気軽にご相談ください。
当院は完全予約制ですが、当日予約も可能です。
皆様からのお問い合わせ心よりお待ちしております。

  • 平日 9:00~19:00 土曜日 9:00~18:00 出張自宅訪問施術 9:00~22:00
  • 0544-23-0655
  • メールでのお問い合わせはこちら

ページの先頭へ